SIMフリーのスマホを使っている方へ!ライブ観戦や、弾丸ツアーで韓国に行くとき、SIMカードをあらかじめ準備しておけば安心。通販で購入できるSIMカードをご紹介します。

下で紹介するタイプのプリペイドSIMは、飛行機到着後、すぐにでもスマホが使いたい!という方におすすめするもの。あらかじめ日本でセッティングしておいたり、航空機の機内でSIMカードを差し込んでおくことで、すぐに使えます。

プリペイドSIMのメリットとデメリット

プリペイドSIMを使うことにどんなメリットがあるのでしょうか。デメリットはどんなものでしょうか?

メリット

●日本と同じようにインターネット回線が使える
プリペイドSIMカードを使うことにより、普段使っている携帯電話を使いながら、日本にいるときとほぼ同じようにインターネット回線が使えるので、ストレスがありません。もちろんLINEなどデータ通信を利用しての通話も可能。

●ポケットWifiを別に持つ必要がない
ポケットWifiのレンタルが不要になるので、スマートフォン以外に充電をしたり、他の機器を持ち歩く必要がありません。

デメリット

●電話が使えない!
仕事で電話がかかってくる方の場合は、プリペイドSIMカードの利用はおすすめできません。日本のSIMカードを抜いてしまうことにより、元の電話番号での着信ができなくなってしまいます。その場合は、今お手持ちの携帯電話で国際ローミングを利用されることをおすすめします。

●SIMカードの紛失リスク
SIMフリー携帯ではSIMカードの抜き差しをするため、SIMカードを紛失してしまうリスクがあります。SIMカードを紛失すると、通信会社によっても異なりますが、再発行手数料は3000円前後となります。

財布に入れたり、ケースに入れたりして、なくさないように保管しておきましょう。せっかく安いSIMカードを購入しても、紛失により思わぬ出費につながることになります。

人気No.1、Amazonで注文できるタイSIM Fly(1400円)

AmazonやYahoo!ショッピング等で販売されているタイAIS社のプリペイドSIM「SIM FLY」は、お値段が1400円とかなりお手頃。3G/4G回線で8日間、4GBの高速通信ができます。さらになんとアジア14か国で使用ができることは、大きなメリット。日本であらかじめセッティングしておくことができるため、かなり人気が高いSIMカードです。

開通後にはタイのSMSが届きますが、それ以外は特に気になることはありません。日本ではソフトバンク、韓国ではSKテレコムの回線を使うプリペイドSIMです。


プリペイドSIM「SIM FLY」(1400円)

周遊旅行のときも使えるので、仁川空港で飛行機を乗り継ぐあいだの待ち時間にも、LINEなどのメッセージを送信したり、SNSを使ったりすることもできます。もちろん、買い物などで空港の外に出る方はなおよし!

韓国で使える最安値のプリペイドSIMカード(890円)

もっと安く済ませたいという方は、韓国で使える香港プリペイドSIMカードがおすすめ。なんと値段が890円!こちらは3G/4G回線で6日間、3GBの高速通信ができます。こちらは韓国のみでしか使用できないため、飛行機が韓国に到着したあとにSIMカードをセットして電源を入れましょう。こちらもSKテレコムの回線を使います。


香港プリペイドSIM 韓国(890円)

詳しいセッティング方法は、SIMカードが送られてくる用紙に書かれていますが、差し込むだけでセットが完了することもあります。うまくつながらないときはスマートフォンを再起動することで設定が完了できます。

チャージして再び使える、100か国で使用可能なAIR SIM(チャージなしのカードは500円)

海外に度々足を運ぶ人におすすめなのが、チャージ可能なAIR SIM(エアシム)。こちらは、

日本のSIMカードの紛失には要注意!~心配な方はSIMカードケースを検討

SIMカードのデメリットとして挙げた通り、SIMカードを抜き差しするため、保管が心配な方はSIMカードケースを検討することも必要です。

通販サイトAmazonでも以下のような商品が販売されています。カードケースや財布に入れられるようなビニールケース式のものなどが販売されています。

SIMカードは旅行前に前もって準備しておいて!

SIMカードは旅行前に日本で準備しておけば安心!通販で購入する場合は、届くまでに時間がかかるので、遅くても旅行3~4日前には注文しておくことをおすすめします。