VLIVE(ブイライブ)といえば、好きな韓国アーティストの日常の姿を感じることができるアプリケーションです。

しかしVLIVEの動画では、基本的にすべて韓国語で話されているため、言葉の壁を感じることがあるでしょう。そんな視聴の助けとなるのは、日本語字幕です。

この記事ではVLIVEにおける字幕付きの動画の視聴方法と、日本語字幕について解説していきます。

VLIVEで日本語字幕を付けて動画を見る方法は?

まずはVLIVEで公開されている動画を見てみましょう。字幕はVLIVE公式による自動字幕(Auto)と、ユーザーが付けた字幕があります。

動画の下には「字幕」というボタンがあります。

「Subtitles」または「字幕」というボタンをクリックして、日本語の字幕(Autoもしくはユーザーよる字幕)を選択すると、日本語字幕が表示されます。

放送のあとにユーザーが字幕を作成することで、これが視聴者に共有されるようになります。また、自動翻訳も配信されることがあります。

字幕が表示されない場合は、まだユーザーが字幕を作成していない動画であったり、自動翻訳が出来上がっていないものです。なおライブ配信は生放送なので字幕付きで見ることはできません。

VLIVEではユーザーが字幕を作れる

VLIVEでは自動字幕もありますが、ユーザーのボランティアにより字幕が作成されます。

公式の字幕が公開されるまでには時間がかかるため、韓国語がわかるファンが作った字幕は重宝されるというわけです。それが「Fansubs(ファンサブス)」というサービスです。Fansubs

VLIVEと同じようにログインして登録することで字幕が付けられるようになります。韓国語が聞き取れる人が韓国語のブラッシュアップを兼ねて、アイドルたちが話す内容をじっくり聞き、字幕を作成していくというものです。

動画の上に「ファンがつける字幕」というボタンがあるので、クリックすると「Fansubs(ファンサブス)」に写ることができます。

こちらからサイトに入ってログインし、IDを作成して字幕をつけていきます。

VLIVEの字幕の作り方

Fansubs(ファンサブス)で字幕を作成するには登録が必要です。TWITTERやLINEなどのアカウントを使ってログインすることができます。

そこからアーティスト・グループ名や、字幕を付けたい動画を検索して、字幕を付ける動画を表示します。

字幕の作成が途中のものは「Progress:~%」と表示されており、ほかのユーザーが作成した未完成の字幕に追加するように書き込むこともできます。字幕を付ける操作方法についてはそれほど難しくないので、韓国語が分かる方は他のユーザーのためにもチャレンジしてみてください。

VLIVEの字幕はファンたちの韓国語力で成り立つサービス

VLIVEの日本語字幕はファンたちの韓国語力によって成り立っています。外国語を身に着けるためには非常に時間がかかりますが、字幕を付けてくれるユーザーには感謝しつつ、VLIVEの動画を楽しんでください。